DuoCampSagaでゅおきゃん△

ソロキャンプ・デュオキャンプ・オートキャンプ・アウトドア

【Ogawa,DOD編】「ツールームテント」いいところ、悪いところ。あなたの「ファミリー」に合ったテント選びは?そのさん。

こんにちは きじとら です。

 

今回はツールームテント第3回、OgawaやDOD等の人気テントについてお話しします。

前回同様、どちらかというとファミリーキャンプ、デュオキャンプ向けのお話になると思います。

 

なお、この1連のエントリーは大人2人、子供3人までを想定して書いています。

 

以前のエントリでテントの優先順位は低いと申し上げましたが、

ツールームテントに関しては話が違います。

まず、主にご家族やご友人と使われるであろうツールームテントは、

いわば「移動式の別荘」ともいえるものです。

 

それなりの品質を求めれば価格も安くはありませんし、

 安い大型のテントはあまりお勧めできません。

理由としては

・安い大型テントとそれなりの大型テントでは居住性が全く違う

・高額ゆえに、使い捨てるようなものでなく、

 買い替えるときは前のテントを中古品として売り出す

 減価償却を考える方が良い

・有名ブランド、話題の大型テントはリセールバリューが高くなりやすい

事が挙げられます。

 

ogawa アポロン

「玄人向け」な印象のogawa(現キャンパルジャパン)のテントですが、

見た目以上に張りやすく、

またハンマーやペグもしっかりした実用的なものが付いてくるので

実は初心者さんにも優しいテントとなっています。

使い勝手も非常に良く、快適です。

ルーフフライ標準装備。

変則的なトンネル構造となっていますが、

基本は4本ポールのトンネル構造なので張りやすいです。

「玄関」にあたる部分の庇がいい仕事します!

 

ogawa ロッジシェルターT/C

こちらはちょっと玄人向けっぽいのですが、

T/C(テクニカルコットン)で影が濃く、

インナーを外したシェルターとしての使い方でも

抜群の快適さを持ったテント(正確にはシェルター)なので

紹介しておきます。

サイドパネルの跳ね上げで雨の侵入を防ぎつつ換気をしたり、

トップベンチレーションも装備しているため夏の通気性、

フルクローズにすれば冬の耐候性に優れます。

 

なお、T/C素材のテントがどれくらいの雨までなら大丈夫なのか、

という事が心配な方もいらっしゃると思います。

今まで何度か雨に降られたキャンプもありましたが、

雨漏りなどは一度もありませんでした。

もちろん一晩降り続く豪雨などでは耐えきれないと思います。

 

あと、雨が降った後にポリエステルのテントのように

バンバン叩いて雨を振り落とそうとすると、

テント内に水しぶきが落ちてしまいますので、

撤収時雨が上がっていればフルオープンにして換気しながら、

太陽の力で水分が飛んでくれるのを待つのがいいと思います。

 

生乾きで撤収する場合は、晴れた日にもう一度

キャンプ場やテントを張ってよい場所に張り、

メッシュ等をすべて開けて風にあてるとよいです。

 

濡れたまま保管してしまうと、カビの発生などのトラブルが起きることがあります。

 

インナーテントが2人用、5人用と選べる(別売り)のもこのテントの特徴です。

 

2人用インナーテント

 

5人用インナーテント

 

ogawa ロッジシェルター2

こちらは先ほどのロッジシェルターのポリエステル幕です。

配色がOgawaテントっぽい、長年キャンプをやってる人には懐かしい色です。

T/C素材と比べると、耐水圧が高く、雨でも安心して使えます。

 

同じくインナーテントが2人用、5人用と選べる(別売り)のもこのテントの特徴です。

DOD カマボコテント2 タンカラー

カラーバリエーションあり

こちらも人気のテントです。

また、サイドパネルを跳ね上げると巨大なひさしができたり、

通気性も良く張りやすい、

ほかのブランドと比較するとお値段がリーズナブルであることが挙げられます。

かといって安かろう悪かろうではなく、

まじめに作られているのが実物を見るとちゃんとわかります。

コストパフォーマンスはかなりいいです。

 

ポール4本のトンネル式で、張りやすく、

サイドパネルを跳ね上げてタープ代わりにすることにより、広大なリビングスペースを作り出すことも可能です。

 

また、こちらには専用のシールドルーフも販売されています。

カラーバリエーションあり

まとめ

今回厳選して紹介したツールームテントに関しては、

私が実際に使用した/実物を屋外で体験して

「よかった」と思えたものに厳選しています。

 

カタログだけではわからない良さや悪さがあるのが、

テント選びの面白さではないかなと思います。

ソロや少人数であれば我慢できるところも多々出てきますが、

ファミリー向けのテントとなると

ご家族やご友人との「思い出作りの場」という

大変な使命を「テント」が担うことになります。

良いテントに巡り合われることを願うばかりです。

 

長くなりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

きじとら でした。