DuoCampSagaでゅおきゃん△

ソロキャンプ・デュオキャンプ・オートキャンプ・アウトドア

ランタンのお話そのに。2019注目の実力派ランタンpic up!

こんにちは きじとら です。

 

今回は2019年4月最新版、注目ランタンのピックアップをしていきたいと思います。

キャンプサイトにこれがあるだけで、「わかる人にはわかる

コミュニケーションツールとしてもお勧めです。

 

我が家のランタンの紹介はこちら

www.duocampsaga.work

なお、私や私の知人が実際に所有しているもの、扱ったことがあるものに絞ります。

スペックだけではわかりずらい利点や欠点も書いていきますので、

良かったら参考にして頂けると幸いです。

 

ルーメナー2

 

 ご存知の方も多いと思います。

圧倒的な光量モバイルバッテリーとしての機能、

さらに防水・防塵・耐衝撃性も兼ね備えた、「最強」と呼ぶにふさわしいLEDランタンです。

 

最大光量1500lm(ルーメン)、ソロキャンプ、デュオキャンプではメインランタンとして 活躍できるレベルです。

例えばツールームテントのリビング等であれば、これ1台で事足ります。

 

10,000mAhの大容量バッテリーを内蔵しており、

長時間の駆動、 USB端子があるためケーブルを繋げば

モバイルバッテリーとしても使えます。

 

参考までに、10,000mAhはモバイルバッテリーとして使う場合、

iPhone8+2台を2日分くらいは電力を賄えます。

もちろんランタンとして使用することが前提なので、

モバイルバッテリーとしての性能は参考程度にお願いします。

 

使用用途としては、目線より高い場所にフックで引っ掛けて

高い位置から下向きに照らすことをおススメします。

 

これには理由がありまして、

LEDランプの特性として「光の直進性が強い」

また、「光量が大きく、光が直接目に入るとまぶしすぎる」

事があります。

光の直進性が高いという事は、ある程度の高さから照らさないと、

思ったより狭い範囲しか本来の明るさを得られない

という事でもあります。

 

また実際に実物を点灯させてみると分かりますが、

直視は困難なほどの明るさがあります。 これは利点でもあるのですが、

視界に直接入ることで不快な思いをすることもありうるという事です。

 

また、モバイルバッテリーとして使用することを考えると

夜は枕元などに置くことが多いと思うので、

常夜灯となる別のランタンを準備しておくことで不自由なく使いきれます。

 

なお、ルーメナーからは新たに「ルーメナープラス」が発売されていますが、

こちらはルーメナー7の発展形となっており、

防水、防塵、耐衝撃性はルーメナー2が勝るので、こちらを紹介させていただきました。

 

なにより、私自身がまだルーメナープラスを手に取っていないので、

正確な情報が提供できないという事もあります...。

ご利用されている方がいらっしゃれば、コメント等でご教示いただけると幸いです。

ベアボーンズリビング ビーコンライトLED

 

これも今キテるコロンとしたかわいいデザインのランタンです。

かわいさだけでなく、工業用ランプの武骨さも想起させる

絶妙なデザインが秀逸ですね。

また、このタイプのランタンには珍しく、

素材がプラスチックでなく金属を使用しています。

カラーバリエーションも、レッド・ブロンズ・ブラックとあり、 それぞれ雰囲気が異なります。

ブロンズはなかなか渋さがあってカッコいいです!

 

デザインだけでなく、このランタンには優れた点がいくつもあります。

 まず明るさですが、30~200lmと無段階でスムーズな調整が可能である事、

バッテリー残量のインジケーターが分かりやすいこと、

吊り下げに使うカラビナの構造により、上向きにしてテーブルランタンとして使うこともできること、

充電用のケーブルを内蔵しており、モバイルバッテリーなどがあれば

別途ケーブルを準備しなくても充電できること、

さらにUSBの延長ケーブルも付属するので、充電がしやすいなどなど。

内臓バッテリーは2,200mAhです。

 

他のLEDランタンとデザインが一線を画したものであるため、

繁忙期のサイトでも自分のサイトのアイコンとして目立つ存在になれると思います。

 

BRISIE LEDランタン

 

ブライシー、と読みます。

とてもコンパクトなボディに、様々な機構を組み込み、

さらにお値段もコンパクトという優れもののランタンです。

なお、こちらの商品はOEM製品が多数見られますので、

そちらでも良いと思われます。(たぶん性能は変わらないかと)

iPhone6s並みの重量はありますが、

充電式、モバイルバッテリーとしての使用も可能、

マグネット装備で鉄のクーラーボックスやポールにくっつきます。

 

明るさは最大196lmと控えめですが、

テーブルランタンとしては及第点ではないでしょうか。

メインランタンとの併用をお勧めしますが、

場合によってはこれ1つで十分という場合もあると思います。

 

モバイルバッテリーとしての性能については、

容量が5,200mAhであり、スマホ1~2回分、

ランタンとして使うことを考えると

スマホで1晩、1台がギリギリかと思われます。

2泊キャンプ等では何らかの充電方法を考えなければいけませんね。

 

こちらは手に持った感じ、思ったよりはずっしりといった印象を持ちましたが、

モバイルバッテリーとしてでなくランタン限定として使用する場合は

非常に長持ちするので、頼りになる存在だと思います。

 

「いざという時」はスマホの充電もできるという安心感もあります。

 

ブラックダイヤモンド リモジ

 

登山される方はご存じなんじゃないでしょうか。

登山系の有名メーカーです。

リモジの前モデルに当たる「モジ」はかなり人気が高かったものです。

そのブラックダイヤモンドが、

2018年秋に「モジ」の進化形「リモジ」を発表しました。

 

なんとスノーピークのたねほおずきよりも小型です。

さすが登山系という感じですね。

 

「モジ」「たねほおずき」ともに電池式ですが、

なんと一番小さいこの「リモジ」は充電式となっています。

LED6チップで100lm、このサイズでこの明るさは

ソロキャンプやデュオキャンプならテーブルランタンとして十分です。

ちなみに「モジ」も100lmだったので、まさに「進化形」と呼ぶにふさわしいですね。

 

目立たないアイテムではありますが、実力は折り紙つきです。

お値段もコンパクト。軽量スタイルにはもってこいのアイテムではないでしょうか。

 

ここまで新アイテムを紹介してきましたが...

 実は、ここで紹介したランタン、特にルーメナー2などは

光量も充分にあり、メインランタンとして使うのもありなんですが、

きじとら 個人としては、

実は別にメインランタンを準備した方がいいと考えています。

 それも、LEDなどではなく、ガソリンやガスのランタンです。

 

LEDは光の波長の関係から、虫などが寄りにくいという特性があります。

もちろん絶対寄ってこないという事はなく、

LEDランタンの光を反射したランタンの「ホヤ」や

タープやテント、荷物、人には寄ってきます。

ガソリンやガスのランタンの光の波長は虫を寄せやすいです。

 

これからのキャンプ、虫の多さにうんざりする場面もあるかと思います。

とくに料理中に虫が飛び込んでくるなんてこともあり得ますね。

 

そんな時におすすめなのが、我が家の場合ですが

コールマン ノーススター2000ガソリンランタンを、

テントから少し離れた位置に設置。そちらに虫を引き寄せ

テーブル周りにはLEDランタンを使うことで、

虫と人間のエリアの区分を付けることでお互いに干渉を避ける

 という方法です。

 

蚊取り線香や森林香を焚いて虫が寄らないようにするのも良い方法だと思います。

 

特に山のサイトでは虫が多く、思わず叩いてしまったり、

あるいは料理の中にダイブされて困ることもあるかと思います。

 

無駄な殺生はしたくありませんし、気分良く食事を楽しみたいですよね。

ガソリン・ガス等燃料の調達や

そもそも大光量のランタンは嵩張りますし重いという事もありますが、

テント、スクリーンタープへの引き籠りキャンプでない限り

サイトを離れることも多いと思います。

 

そんな時に大光量のそれらのランタンを設置しておくことは

特にご家族連れでは子供さんの安全のためにもなります。

 

もちろんLEDと違って火を使いますので、安全面には気を配ってください。

 

ゴールデンウィークは終わりましたが、キャンプハイシーズン突入という事で、

週末などはこれから込み合ったキャンプになることが多くなると思いますが、

安全面への配慮を怠らず、キャンプを楽しみましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

きじとら でした。