DuoCampSagaでゅおきゃん△

ソロキャンプ・デュオキャンプ・オートキャンプ・アウトドア

リニューアル後の波戸岬キャンプ場レポそのいち。施設案内とお風呂

こんにちは きじとらです。

 

先日、2泊3日の日程で久しぶりの海キャンプ、

波戸岬キャンプ場へ もこ と2人で行ってきました。

goo.gl

 

波戸岬キャンプ場のサイトの情報と周辺の観光施設、

お風呂事情などについて書いていきます。

波戸岬キャンプ場とは

www.hadomisaki-camp.jp

波戸岬キャンプ場 サイト配置 一覧

波戸岬キャンプ場 見取り図

こちらの見取り図はあとでまた見ることになるかもしれません。

大雑把に説明すると、右の輪状のエリアがオートサイト、

左側の区画されているところが一般サイト、

海沿い薄緑の3列がフリーサイトです。

左下の駐車場が一般サイトフリーサイトの駐車場で、

車両乗り入れ不可(ゲートあり)です。

 

昔からある老舗のキャンプ場なのですが、

2018年7月28日、大幅にリニューアルされ、とてもきれいになりました!

一部の設備はそのままに、サイト区画の見直しが行われ、

一般サイトは数が減った代わりに広くなり、

オートサイトはとてもきれいに整備されました。

また、1日1組限定のグランピングエリアが新設されています。

 

またホームページや予約方法もリニューアルされて、

予約に関してはオンラインで空きの確認、予約ができるようになりました。

なお、予約ページにある「M」「L」の記号はサイトの大きさを表し、

「M」はツールームテントでギリギリ、

「L」はツールームテントにタープもギリギリ張れるくらいの大きさです。

そこまで広いとは言えませんが、

特に大きなテントや大きなシェルターを張るのでなければ問題ないと思われます。

 

海沿いのフリーサイトは変わらず美しい日の入りを見ることができます。

 

お勧めサイト、暑くなるこの季節のお薦め

 一般エリアは松を主とした雑木林の中にあり、

木陰を利用して涼しく過ごすことができます。

ただし、こちらは蚊が多く、

暑い時期はツールームテントやスクリーンタープでの利用が賢明と思われます。

 

フリーエリアは何といってもその眺望がすばらしく、

天気が良ければ玄界灘に沈んでいく夕日を見ることができます。

日を遮るものはないので、テント、タープ等充分に日陰を作れる装備が必要になります。

波戸岬キャンプ場 フリーサイト 海 コールマンウェザーマスター

波戸岬キャンプ場 フリーサイト パノラマ写真

 

波戸岬キャンプ場 オットマン

フリーサイトからの海の眺め

今回私たちは海の眺望がすばらしいフリーサイトを選びました。

 

オートエリアは区画がきれいに整備され、電源もあります。

15A(アンペア)なので、あまり大きな電力を使うものなどは使えません。

扇風機や電気毛布、パソコン・タブレット・スマホの充電には困らないでしょう。

電気機器には消費電力としてW(ワット)数が表記されていると思いますが、

それを100で割ると何アンペア必要かが分かります。

 

例:電気毛布 30W→30/100=0.3A

セラミックヒーター 1200W →1200/100=12A

 

ただし、電気機器は始動時に一時的に消費電力が大きくなる傾向があります(全ての機器ではありませんが)。

電源サイトで電気を使う際は、必ず消費電力を確認して持って行きましょう。

 

フリーサイトは広々と使え、(もちろん混雑時には周りへの配慮を忘れずに)

眺めもいいのですが、一般・フリーサイト共に車の乗り入れができない為、

上の場内案内図の左中ほどにある長い(200mくらい?)直線の下り、上り道を

リアカーなどを使って荷物を運ぶ必要があります。

 

坂がかなり急なので、重装備だと苦労するかもしれません。

冬は体があったまっていいですが、

夏場はかなり汗だくになるのを覚悟した方がいいでしょう。

バイクなどの乗り物は乗り入れ禁止になっています。

車やバイクは所定の駐車場に駐車していきましょう。

 

また一般サイト、フリーサイトではムカデにたびたび遭遇しました。

ムカデスプレーは必需品と思われます。

 

というわけで、安心して使えるのはオートサイトではないかと。

「L」サイトであればゆったりとしたサイト作りができるでしょう。

リニューアル前にオートサイトを使ったことがありますが、

隣のサイトとの間には車が止まるので、最低限のプライバシーは守られます。

料金が高めなので一般サイトやフリーサイトへ行かれる方が多いですが、

場合によっては平日であればオートエリア丸々貸し切り状態もあり得ます。

 

お風呂事情について

 コインシャワーはありますが、車で5分のところに国民宿舎があり、

そこの展望大浴場を立ち寄り湯で利用できるのでそちらをお勧めします。

goo.gl

国民宿舎波戸岬

国民宿舎波戸岬 展望大浴場を立ち寄り湯で利用可

国民宿舎波戸岬

男女別、鍵付きロッカーあり

展望がすばらしく、また普通のお風呂なのですが、

お湯が何となく温泉のような瑞々しさを感じました。

 

 

営業時間  11:00~20:00(20:00閉場)

水曜日は  15:00~20:00(20:00閉場)


利用料金

大人 390円

小学生190円

幼児(3才~小学生未満)120円

幼児(3才未満)無料

家族風呂、貸し切り湯はありませんが、

玄界灘の景色を楽しみながら入浴できます。

 

もしくは、県外などからいらっしゃる方には

ぜひ一度浸かっていただきたいお風呂があります。

少し離れていますが、とてもいい御湯なので。

日本3代松原の一つ、虹ノ松原の東端にあります。

 

goo.gl

shioyu-naginoto.jp

国内でも数少ない、海水を沸かした「汐湯」です。

肌が弱い方にも優しく、不思議な湯触りです。

上水のシャワー、カランもあります。

貸し切り湯を利用しましたが、8畳ほどの間接照明の雰囲気のいい部屋に、ベッドも備えられ、アメニティも充実していました。

露天の汐湯、サウナ、水風呂が楽しめ、とても贅沢な時間を過ごしました。

 

汐湯大展望風呂

営業時間 10:00~22:00(最終受付21:00)
利用料金 大人900円
     小人(小学生)500円
       未就学児のお子様    無料

アメニティ シャンプー・リンス・ボディーソープ・クレンジング・化粧水・乳液・綿棒・櫛

 

こちらは家族湯・貸し切り湯もあります。

 

汐湯家族風呂
(金波の湯/千鳥の湯)

営業時間  10:00~22:00(最終受付21:00)

平日(60分)2,900円
土・日・祝日(60分)3,400円
延長30分

 

汐湯家族風呂

営業時間  10:00~22:00(最終受付21:00)
(汐騒の湯)
平日(60分)3,900円
土・日・祝日(60分)4,400円
延長30分

 

アメニティ  フェイスタオル・バスタオル・シャンプー・リンス・ボディーソープ・クレンジング・化粧水・乳液・綿棒・コットン・ヘアゴム・櫛・歯ブラシ

 

 

虹の松原といえば、名物の唐津バーガーもあります!

唐津 網元の宿 汐湯凪の音

に立ち寄られる際は、是非1度ご賞味あれ!

goo.gl

唐津バーガー 虹の松原

唐津バーガー 虹の松原沿い、道路わきにバスが止まってます

オススメはやはりスペシャル!

 

今回はキャンプ場の紹介とお風呂事情、ちょっとしたおやつの紹介でした。

次回は私たちのサイトの紹介、AOクーラーズのソフトクーラーの

運用と成果を紹介していきたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

きじとら でした。