DuoCampSagaでゅおきゃん△

ソロキャンプ・デュオキャンプ・オートキャンプ・アウトドア

熊本県南小国ゴンドーシャロレーキャンプ場 お得な温泉・家族風呂はここで決まり!

こんにちは きじとら です

以前紹介したゴンドーシャロレーオートキャンプ場、今回はお風呂のお話しになります。

以前のエントリはこちら↓

www.duocampsaga.work

www.duocampsaga.work

山奥にあるにもかかわらず、ある意味リゾート地としての開発がされていて、思った以上に周辺の施設には恵まれている立地にあります。

すぐ近くにスキー場もありますし、キャンプだけでなく冬場はウィンタースポーツでもにぎわいそうです。

?スポンサーリンク

筋湯温泉


www.sujiyu-onsen.com

ゴンドーシャロレーオートキャンプ場から九重インター方面に向かうと、すぐに硫黄のにおいがかすかにしてきます。

「筋湯温泉(すじゆおんせん)」のお宿が並ぶ温泉街があります。

濃厚なお湯とかすかな硫黄の香りがたまらなく心地よい温泉です。

 

キャンプ場の標高が高いとはいえ、やはり昼間は直射日光が強く、設営、撤収などでは汗をかくくらいの暑さは覚悟した方がいいでしょう。

また、これから紹介するお宿は立ち寄り湯としてはきじとらともこが訪ねた場所の中でも抜群にコスパが良く、ゴンドーシャロレーに行くならお風呂はここ!と決めているほどです。

 

紹介する前に、1つ温泉をより気持ちよく楽しむコツをお伝えしておきます。

キャンプ場のフロントで

「筋湯温泉のどこどこの立ち寄り湯に行く」

という事を伝えてみてください。

もしかしたら値引き券、割引券がもらえるかもしれません!

温泉情報なども聞き出せるかもしれませんので、キャンプ場のフロントのスタッフの方の忙しさなどは考慮したうえで、お時間がありそうな時にお風呂の相談をしてみましょう。

?スポンサーリンク

リゾートホテル大高原

f:id:Camp_duo:20190715110707j:plain


 

「え、リゾートホテル?」と身構えられるかもしれませんが、ご安心あれ。建物は古く情緒があり、いわゆる西洋風のたてものではあるものの、いい感じにひなびた旅館の雰囲気が漂っています。

近くに登山道があるらしく、時折登山グループと鉢合わせることもあるかもしれませんが、ご心配なく。

10種類ほどある貸し切り家族風呂、大浴場、すべて時間無制限、入り放題です!

 え、どういう事?と思われるかもしれません。普通は家族風呂、貸切風呂だと時間制で50分から1時間がまあ普通ですよね。

そういう縛りがありません。なんなら朝行って夕方までお風呂をはしごしても良いのです。(もちろん湯あたりしそうですしほんとにやる方はいらっしゃらないと思いますが)

貸し切り湯は様々で、露天、半露店、石風呂、ヒノキ風呂、樽風呂と多種多様です。

源泉掛け流し、湯温は少熱めなので、ぬるめが好きな方は入る前に水で少し埋めてください。

源泉掛け流しのため湯ノ花、また露天、半露天は葉っぱなども入りやすいので、異物を救うための網が置いてあります。私たちはそれも風情と楽しんでいますが(*´ω`*)

f:id:Camp_duo:20190715110825j:plain

f:id:Camp_duo:20190715110743j:plain

f:id:Camp_duo:20190715110808j:plain

ほんの一部ですが、こんな貸し切り湯がたくさんあります。

連泊の方はぜひいろんなお風呂を楽しまれてください!

そして、看板の写真で気づかれた方も多いと思いますが、この条件で500円です!さらに、キャンプ場のフロントでお風呂は大高原に行きますと言うと「100円値引き券」がもらえます!うれしいですよね!

温泉好きな我が家にはたまらんサービスです。

時間無制限というのも、肌のお手入れに時間がかかりがちな女性の方にとっても嬉しいのではないでしょうか。

ただし、注意事項があります。

家族風呂の一部では「更衣室」と区別されていない為、乾いた足場を確保するのが難しい場所があります。貸し出しのサンダルはあるので、履く前に拭けばいいのですが、お湯のかかりそうな場所に着替えを置くと大変です。(棚はあります)

また、家族湯にはヘアドライヤーは設置されていない為、髪を乾かすのは母屋に戻り、大浴場のドライヤーを使う必要があります。

これらの注意事項をもってしても、入り放題、時間無制限というのはとても魅力的です。

また、一部の露天風呂(川沿いに沢へ降りていくところが2か所あります)ではやや坂が急な為、雨の日などは気を付けましょう。

ですが、雨の日の露天風呂もとても風情があっていいものですよ!

 

いかがだったでしょうか。

もはや常連となりつつある我が家ですが、それでもまだすべての貸し切り湯には入れていません。ぜひとも全制覇したいところです!

 

お風呂、温泉は特にお化粧をされる方や遊んで汗をかくお子さんにとっては大事なことだと思います。

精一杯汗をかき、さっぱりと汗を流して気持ちよくキャンプの時間を過ごしてほしいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

きじとら でした。