DuoCampSagaでゅおきゃん△

ソロキャンプ・デュオキャンプ・オートキャンプ・アウトドア

焚き火は「3セグメント」で攻めましょう!焚き火を楽しむノウハウ。

こんばんは きじとらです

今回はみんな大好き「焚き火」のお話しです。

 

f:id:Camp_duo:20191209195205j:plain

焚き火 ピコグリル

焚き火の記事や動画などはたくさんありますが、

それを見て皆さんうまくいってますか?

 

上手くいっているという方は、基本ポイントを上手につかまれているのだと思います!

存分に楽しまれてくださいね。

 

「着火」についてはそれこそ星の数ほどのブログエントリや動画が上がっています。

バーナーで炙るといった豪快な方法もありますね。

最悪でもライターかマッチでもあれば着火の方法はいくらでもあります。

 

ファイアスターターや火打石なんかの道具は繰り返して覚えるしかないです。

感覚によるところも多いですし。

 

火種はできるけどうまく燃えてくれないというあなた、

このエントリを読んだらきっとうまくいきます。

 

?スポンサーリンク

 

 わかりやすくいくつかの項目にまとめます。

1:たきぎ、まきの選び方

2:焚き火の燃焼の仕組み

3:楽しむためのコツ

 

ではいってみましょう。

1:薪の種類と使い分け

 「ホームセンターで薪買ってきた!焚き火するぞー!」

というのはなかなかの冒険です。

というのも、最低限「2種類の薪」があった方がやりやすいですし、

1種類でやろうと思うと色々な知識やテクニック、道具やらが必要になってきます。

 

1時燃焼用の薪(針葉樹)

2時燃焼用の薪(広葉樹)

 

この2つを使い分けましょう。

針葉樹は松や杉が代表選手ですね。

広葉樹はナラや樫などがあります。

 

おそらく購入する場所であればパッケージに、

通販であればサイトに書いてあると思うので、

必ず確認しましょう。

 

え、2つも買うのもったいない?

半分ずつ2回使えばいいんですよ。

 

パッと終わるだけの短時間の焚き火であれば針葉樹の薪だけでもいいです。

頻繁に薪の補充をすることになりますので、ちょっと忙しいです。

 

暖をとったり、ゆっくり煮込み料理をしようと思うのであれば広葉樹の薪も。

ゆっくり燃えるので、のんびりしたい方はこちらを是非使いましょう。

 

薪の暖炉やストーブを家で使われている方はご存知だと思いますが、

針葉樹の薪は薪屋さんだと「焚き付け用」としておまけでくれることもあります。

火付きが良く、よく炎と煙が上がり、短時間で熾きになり燃え尽きます。

 

広葉樹の薪は一般的な「薪」として本燃焼(2時燃焼)させるためのものです。

薪ストーブなどでも用いられますね。

?スポンサーリンク

 

2:焚き火の燃焼の仕組み

「薪が燃える、以上に何があるの?」

と思った方はぜひここからを読んでいただきたいです。

 

種火があり、そこに杉の葉や松ぼっくり、小割にした焚き付けを置いて

火を育てていく事が多いと思います。

1時燃焼ですね。

特徴としては燃料になる薪と空気の触れる面積が大きいほどよく燃えます。

低温でも可燃物(薪など)があれば燃やし続けることができます。

 

短時間の焚き火や焼き物に使うだけという事であれば、

針葉樹の薪だけ持って行けばいいと思います。

 

しかし、こんなブログまで読みに来ていただいたあなたであれば、

もっと雰囲気のある、みんなで囲んで楽しめる焚き火がしたいのではないでしょうか?

 

すこし掘り下げてみましょう。

 

まず1時燃焼した薪は「熾き火」になります。

パッと見、炭みたいな感じですね。

熾き火の上に針葉樹の薪を置くとぽっと燃える、

これは皆さん想像できますね。

 

なぜでしょう。

 

燃焼というのは化学反応です。

 

もうざっくり書いてしまうと、

 

可燃物(物質)+酸素(物質)+熱エネルギー(伝達)→燃焼(現象)

 

という事です。

 

針葉樹の薪であれば、ほとんどが「1時燃焼」と呼ばれる「物が直接燃える」状態です。

熾きになり、温度が下がるとやがて燃え尽きて灰になるか焼け残りのカスになります。

 

そうなる前に、というかむしろ焚き火台に最初からおいていても良いと思われる

広葉樹の薪の出番です。

針葉樹の薪が熾きになり堆積している熱エネルギーを利用します。

 

簡単に言えば1時燃焼の熱と熾火の熱で広葉樹の薪を温めるという事です。

 

薪の「燃料としての主成分」は「セルロース」といわれる物質です。

広葉樹の薪に熱を加え、セルロースを気化させます。

セルロースは気化した可燃性のガスになり、

そこに1時燃焼の炎が燈ることを、2時燃焼といいます。

ロケットストーブや暖炉などはこういったメカニズムで2時燃焼しているんですね。

 

1時燃焼と違い、「熱エネルギーが高いこと」が発生条件になります。

また、空気もたくさん必要になりますが、前述のとおり熱エネルギーが高い状態なので、

空気の対流が活発になり、酸素の供給速度が速くなります。

 

つまり、本燃焼(2時燃焼)させたい薪を主に熾火(固めておいておくと効果的)で炙る事、

それが焚き火のステップアップにつながります。

 

広葉樹の薪は燃料(可燃性ガス)の発生装置、

針葉樹の薪は熾火による加熱装置、

また1時燃焼による炎の維持。

 

ね、カンタンでしょ

 

 大きな薪を燃やし切れずに捨てていく方もいらっしゃいますが、

大きな薪であれば真ん中を熾火と1時燃焼で炙って真ん中から燃やし、

軽くつついて折れるようになったら配置を変えればいいです。

 

?スポンサーリンク

見出しに書いていた「3セグメント」の3つ、

1時燃焼により炎を維持させること(針葉樹の薪を追加する)

熾きを集め高熱源にすること(熾きを分散させない)

火持ちが良い広葉樹の薪を本燃焼させること(十分に温度を上げる事)

 

この3つが意識できれば、焚き火がもっとレベルアップします。

 

楽しむためのコツ

「小さな焚き火は暖かい」

薪をぽんぽん投げ込むのではなく、

必要最小限の量を計画的に投入しましょう。

 

バンバン燃やしても「熱く」なるだけで、「暖かく」はなりません。

また、焚き火を離れることも考えていつでも消火できるようにしておくことも大切です。

 

ソロなどでは、ほんとこんな細かいことを、と思われるかもしれませんが

トイレは事前に済ませておくこと、離れる際は熾きと薪を離して延焼を防ぐこと、

あるいはメッシュのカバーなどを用いる事など、火事に対しての注意が必要です。

 

実際に焚き火中にサイトを離れ、戻った時にはテントが燃えていた、

という事故も起こっています。

 

火の粉は思ったよりも飛びます。

慢心せず、十分な水も準備しておきましょう。

 

そして楽しみ方といえば...…。

料理、談笑、音楽を聴きながら(ボリューム注意:特に夜間は遠くまで音が響きます)、

ブランケットを羽織ってゆるキャン△ごっこ、焼きマシュマロ、etc!

 

元はといえば調理の手段であったり、害獣から身を守るためであったりと

なかなかサバイバルな役割を担ってきた焚き火ですが、

今はレジャーとして便利な道具も出回り、よりカジュアルに楽しめるようになりました。

 

前述した火打石などの原始的な着火方法にこだわるも良し、

あくまでカジュアルに着火剤でスタートも良し、

子供さんと一緒に松ぼっくり拾いも楽しめますね!

 

個人的な意見ですが、「直火OK」というキャンプサイトでも、

優秀な「焚火台」を使った方が後片付けや雰囲気も含めてゆっくりと楽しめる気がします。

 

キャンプ好きな方はご存知かと思いますが、

直火の焚き火の後片付けは専門知識と技術、高いマナーが問われます。

お気に入りの焚火台を使ってご満悦、というコースを

私、きじとらは 「つ よ く」お勧めします。

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

きじとらでした。